1. 【中島】牡蠣棚見学ツアー

  2. 【和倉】お祭り会館ガイドツアー

  3. 【鹿渡島定置】漁師と一緒に漁船に乗って定置網漁を見学

  4. 【大呑ビレッジ】自然豊かな大呑で田舎遊びプライベートプラン

  5. 【能登島】親子でタコを捕まえてみよう!

  6. 【Sail and Rail】沿線の七尾湾をヨットと鉄道で楽しむ周遊プラン

観光スポット

【輪島市】世界で唯一の漆芸専門の美術館「石川県輪島漆芸美術館」

石川県輪島漆芸美術館 提供画像

輪島の伝統工芸である輪島塗。「石川県輪島漆芸美術館」は、世界に誇る優れた漆文化の発信拠点として、1991年(平成3年)に開館されました。「石川県輪島漆芸美術館」では、輪島塗の基本を学ぶことができます。常時全室で漆芸品を展示している、世界で唯一の漆芸専門の美術館です。館内では、漆器の知識がない方でもわかりやすく解説されているので、輪島塗についてゆっくり楽しく学ぶことができます。

建物の外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザインで、館内に入ると吹き抜けの広々とした空間が広がります。1階には、売店や体験ができるスペースなども用意されています。エントランスを入って右側には、チケット売り場があります。こちらでチケットを購入して展示スペースがある2階へすすみます。

そしてエントランス右側にはチケット売り場があるので、チケットを購入して展示スペースがある2階へ進んでください。

輪島塗の歴史を学べる展示が並ぶ豊富な展示スペース

2階への階段を昇ると、広いスペースがあります。ここには、漆器の政策工程や、漆芸作家の作品を紹介するビデオを鑑賞したり、充実した漆芸・美術関連図書をゆっくり閲覧することができる場所があります。続いて展示スペースへと進んでみましょう。

展示スペースでは、常設スペースと企画展で使われるスペースとがあります。1つ1つ丁寧に説明が書かれているので、輪島塗の基礎的な内容から、漆器の製作工程まで、ゆっくり見て学ぶことができます。

ウルシと漆器の木地になる樹木を鑑賞できる「漆の里広場」

輪島塗にはかかせないうるし、上質椀皿類の木地に使用されるけやき、輪島塗では複雑な形をしている御膳の足や片口の注口部分などに使われるホオノキ、輪島塗の塗装面を研ぐ研ぎ炭の材料になるアブラギリ、これらの木々がこの広場には植えられています。

輪島の伝統文化でもある輪島塗について学べる「石川県輪島漆芸美術館」へ、ぜひ足を運んでみてください

施設名石川県輪島漆芸美術館
住所石川県輪島市水守町四十苅(みともりまちしじゅうがり)11番地
営業時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日年末休館 2020年12月29日(火)~31日(木)
その他展示入れ替えによる臨時休館日あり
入館料一般 630円 高大学生 320円 小中学生 150円
問い合わせ先Tel.0768-22-9788 
Fax.0768-22-9789 
E-mail urushiart@ca1.wannet.jp
ホームページhttps://www.city.wajima.ishikawa.jp/

過去実施イベント紹介

関連記事

最近の記事

  1. 【穴水町】鋳物文化に関する資料を多数保存する「…

  2. ■能登へ桜を見に行こう■「輪島市」編

観光情報

  1. 【輪島市】NHK連続テレビ小説「まれ」の舞台を知る「輪島ドラ…

  2. 【七尾市「山の寺寺院群」】開運様の寺「日蓮宗京都本圀寺旧末寺…

  3. 【七尾市】全国的にも珍しい鉄道郵便車「オユ10 2565」

  4. 【七尾市】中島町藤瀬の月光菩薩のお告げで病の治る水が湧き出る…

  5. 【七尾市 中島町】七尾湾を眺めながら入れる「なかじま猿田彦温…

  6. 【七尾市】昭和へタイムスリップしたかのような「和倉昭和博物館…

  7. ■能登へ桜を見に行こう■「宝達志水町」編

  8. 【中能登町】古墳の秘密を学べる「雨の宮能登王墓の館」

  9. ■能登へ桜を見に行こう■「輪島市」編

  10. 【穴水町】庭園やライコウジキクザクラ、幽霊の掛け軸など見どこ…

DiscoverNotoMap