観光スポット

【宝達志水町】旧 押水町の町名由来の地である「押しの泉」

旧 押水町の町名由来の地である「押しの泉」。

その昔、弘法大師が紺屋町村を通りかかった際に地面を杖で押したところ、不思議なことに、水が湧き出たそうです。それからこの場所は「押しの泉」と呼ばれて、押水の名前の発祥の地といわれています。

場所は県道75号を曲がり、細い路地に張ったところにあります。

水は静かに少量ずつではありますが、しっかり井戸のような丸い場所から今でも湧き出ています。

施設名押しの泉
住所〒929-1314 石川県羽咋郡宝達志水町紺屋町ホ66−2
入場料無料
駐車場なし
アクセスのと里山海道 米出ICより車で約10分

新着スポット記事

  1. 【宝達志水町】長く続く輝く黄金の路「宝達志水町…

  2. 【能登町】天然の水族館を歩いて探検しよう「九十…

  3. 【能登町】ギネス公認の「世界一の縄文土器」

  4. 【志賀町】子どもと一緒に電気やエネルギーについ…

おすすめ観光スポット

  1. 【七尾市「山の寺寺院群」】樹齢700年のラカンマキ「曹洞宗總…

  2. 【七尾市】丘の上の四季を感じる「希望の丘公園」

  3. 【輪島市】疲れを癒してくれる無料の足湯「湯楽里(ゆらり)」

  4. 【のと里山里海号】世界農業遺産を望みながら走る観光列車

  5. 【輪島市】黒島地区の代表的な廻船問屋住宅である国指定重要文化…

DiscoverNotoMap

Translate »