1. 【中島】牡蠣棚見学ツアー

  2. 【和倉】お祭り会館ガイドツアー

  3. 【鹿渡島定置】漁師と一緒に漁船に乗って定置網漁を見学

  4. 【大呑ビレッジ】自然豊かな大呑で田舎遊びプライベートプラン

  5. 【能登島】親子でタコを捕まえてみよう!

  6. 【Sail and Rail】沿線の七尾湾をヨットと鉄道で楽しむ周遊プラン

観光スポット

【七尾市】戦時中の軍艦隠しの入り江だったといわれる「箱名の入江」

能登島の内側に食い込んでいるような細長く入り組んだ入り江である「箱名の入り江」。この土地は周りを森林に囲まれ自然豊かな場所にあります。長さ約400m、幅約250mの、小山に囲まれた場は、内側に入り組んでいる形をしているため、波穏やかで海というよりは湖のような雰囲気です。また海岸近くの入り江にも関わらず、水深16mほどの深さがあるそうです。

実はこの場所、終戦間近の1945年(昭和20年)7月に、旧日本軍が全長約120メートルを超える巡洋艦「鹿島」を敵機から逃れるため隠していたといわれています。停泊している際には、船員は地元の方との交流もあったそうですが、その存在は極秘とされていたため、現在では詳しい内容について知る島民の方も少なくなっているそうです。

とても美しく幻想的な場所ではありますが、地元の方の私有地となる場所があるため、見学の際には注意してください。

施設名箱名の入り江(はこなのいりえ)
住所石川県七尾市能登島曲町
アクセス七尾駅から車で30分

関連記事

最近の記事

  1. 【穴水町】鋳物文化に関する資料を多数保存する「…

  2. ■能登へ桜を見に行こう■「輪島市」編

観光情報

  1. 【穴水町】庭園やライコウジキクザクラ、幽霊の掛け軸など見どこ…

  2. 【輪島市】昔懐かしい「手押しポンプ井戸」に触れられる場所

  3. 【七尾市】インスタ映えするレトロな「和倉温泉センター 北鉄バ…

  4. 【七尾市】戦時中の軍艦隠しの入り江だったといわれる「箱名の入…

  5. 【七尾市 南大吞】抱えられないほどの巨木「阿良加志比古神社の…

  6. 【輪島市】貴重な収蔵品が多数保管されている「南惣美術館」

  7. ■イベント■石川県能登島ガラス美術館にて「探求と創作」5/2…

  8. ■イベント■石川県輪島漆芸美術館にて「第38回日本伝統漆芸展…

  9. 【志賀町】夕景がロマンティックな増穂浦海岸にある「世界一長い…

  10. ■能登へ桜を見に行こう■「輪島市」編

DiscoverNotoMap