観光スポット

【七尾市「山の寺寺院群」】山門まで続く杉並木「浄土宗知恩院末 攝取山 常通寺(じょうつうじ)」

草創は文安7年、七尾城主大名の畠山氏の家臣・松本忠成の次男である忠元が21歳で出家し法名を岌誉と改め、開創したと伝えられている。その後、畠山氏の庇護を受けて栄えたそうだが、火災のため、古い記録がなく詳細が不明なのだそうです。

参道から山門に続く美しい杉並木

まっすぐに続く山門に続く杉並木は、まだまだ若木ですが、とても美しく風情があります。

山門の六体地蔵

山門の右側には、六体地蔵。

山門の先に広がる庭と本堂

常通寺は七尾駅に一番近い寺院です。寺院は無人ですが、きれいに整備されています。

施設名常通寺 (じょうつうじ)
住所石川県七尾市小島町チ78
連絡先常通寺(西光寺 0767-52-2695)
拝観料無料

山の寺寺院群をつなぐ「瞑想の道」の詳細はこちら

新着スポット記事

  1. 【宝達志水町】長く続く輝く黄金の路「宝達志水町…

  2. 【能登町】天然の水族館を歩いて探検しよう「九十…

  3. 【能登町】ギネス公認の「世界一の縄文土器」

  4. 【志賀町】子どもと一緒に電気やエネルギーについ…

おすすめ観光スポット

  1. 【七尾市】子どもと一緒にアスレチックを楽しめる「中島町農村運…

  2. 【輪島市】当時の貴重な空間を今も残す「天甚家古資料館 塗師蔵…

  3. 【志賀町】地元の人しか知らないパワースポット「名勝 夫婦岩」…

  4. 【七尾市 中島町】七尾湾を眺めながら入れる「なかじま猿田彦温…

  5. 【中能登町】能登地方最大級の古墳がある「雨の宮古墳公園」

DiscoverNotoMap

Translate »